Ⅰ工法・Ⅱ工法について

防音工事のⅠ工法・Ⅱ工法について

弊社は、厚木基地周辺の住宅防音工事を承っております。国から住宅防音工事の助成を受けるためには、その工事の仕方について国の定めた基準を満たす必要があります。また、防音工事のお済みのお客様にもエアコン取替・防音建具取替ができる場合もございます。わからない事はお気軽にご相談ください。

住宅防音工事の内容

Ⅰ工法・Ⅱ工法について

工事内容 区分 第Ⅰ工法 第Ⅱ工法
施工対象区域 80WECPNL以上の第一種区域 75WECPNL以上80WECPNL未満の第一種区域
計画防音量 25dB以上 20dB以上
屋根 従来のまま 従来のまま
天井 在来天井を撤去し、防音天井に改造 原則として従来のまま。ただし、著しく防音上有害な亀裂、隙間等のある場合は有効な遮音工事を実施。
在来壁を撤去し、防音壁に改造
外部開口部 防音サッシ(第Ⅰ工法用)の取付 防音サッシ(第Ⅱ工法用)の取付
内部開口部 防音建具(襖・ガラス戸等の取付)
原則として在来のまま
空気調和設備 換気扇及び冷房等の設置。(冷暖房機は、第Ⅰ工法の場合最大4台まで、第Ⅱ工法の場合最大2台まで)
その他 防音工事に伴う必要な工事

株式会社太陽ハウジング お見積やご相談などお気軽にご連絡下さい。